2020年12月4日(金)~12月25日(金)クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫の概要

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫のフライヤー
開催日時
2020年12月4日(金)~12月25日(金)11:00~21:00(ラストオーダー 20:50、最終入場 20:30)怪魚*う ※イルミネーションのライトアップ 16:00~21:00(12月5日・12日はツリーのみ 16:00~24:00まで)怪魚*う ※一部営業時間が異なる店舗がありま。
会場
横浜赤レンガ倉庫 ベント広場
(〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1)
アクセス
* JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
* JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
* みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
※アクセス詳細 交通アクセス – 横浜赤レンガ倉庫
入場
今年は事前予約制を導入。Peatixにてアカウント登録が必要。
詳細 入場・チケットについて
料金
平日は無料
土・日、および12月23日(水)~25日(金)は300円(税込)
※小学生以下は無料(保護者同伴に限る)
※飲食・物販代は別途
主催
横浜赤レンガ倉庫(株式会社横浜赤レンガ・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
お問い合わせ
横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション Tel:045-227-2002
公式サイト
クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫 イベント広場の詳細地図

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫の見どころ

  • 今年で第11回目を迎える横浜赤レンガ倉庫のクリスマス・マーケットは人気クリスマス・イベント。ドイツに所縁がある横浜赤レンガ倉庫だけに、本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を体感できます!
  • 今年の「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」は、新しい生活様式の中でもお楽しみいただきたいという思いを込めて開催。
    事前予約制・時間制限を導入、空間を確保するため出店社数を減らすなど、安心・安全なイベント運営を第一としたクリスマスマーケットとして開催されます。
  • イベントのシンボルとなる高さ約10メートルのクリスマスツリーが光を灯し、あたかもドイツのクリスマスマーケットに訪れたような気分へと誘い、会場内ではドイツの郷土料理やグリューワイン、クリスマスグッズのお買物を楽しむことができます。
  • 【グリューワイン・ドイツ料理】
    クリスマスといえばこれ。グリューワインは、ワインにシナモンなどのスパイス、果物を加えて温めたホットワイン。スパイスなレンジがお店ごとに異なるため、飲み比べて好みの味を探すのもイベントの楽しみの一つです!
    また、定番のソーセージをはじめ、スパイスと一緒に塩漬けした骨付きの豚すね肉を煮込んだドイツの伝統料理であるアイスバインなど、本場ドイツ料理を味わうことができます。ビーフシチューやグラタンなど、寒い季節にぴったりなメニューも充実!
  • 【オリジナルマグカップ】 本場ドイツのクリスマスマーケットでは、毎年都市ごとに異なるデザインのマグカップが販売されます。今年は「横浜赤レンガ倉庫のクリスマス」をテーマにペアマグカップが登場。マグカップに描かれているのは、雪の降る中、横浜赤レンガ倉庫を訪れるサンタクロース。夜空に満天の星がキラめく頃、サンタはイルミネーションとプレゼントを置いて旅立ちます。二つのマグカップに描かれた絵を合わせたときにサンタクロースがツリーに何をしたのかが分かる、小さな物語が詰まっているマグカップです。
    1個650円(税込)、単品でも購入可。
  • クリスマス・マーケットとは?
    ドイツを中心に中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭り。14世紀末フランクフルトで始まったとされ、街の中心部にある広場がクリスマスのデコレーション、イルミネーションが飾られ、「ヒュッテ」と呼ばれるヨーロッパ式小屋が並び、伝統的なお菓子やグリューワイン(ホットワイン)、雑貨などが売られます。11月末から12月25日までのクリスマス・シーズンを彩る冬の風物詩となっています。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

過去の「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」の様子(動画ファイル)

クリスマスマーケット2019 横浜 赤レンガ倉庫のイベント
『クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫』プロモーション動画

横浜赤レンガ倉庫の最新情報

スポンサーリンク
横浜
国際イベント・フェスをフォローする
国際イベント・フェスティバル