2021年10月18日(月)~29日(金)板橋区・モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」 / 板橋区役所

2021年10月18日(月)~29日(金)の期間の平日、板橋区・モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」が開催されます。

2021年は、板橋区とモンゴル国文部省(現:文化省・教育科学省)が文化・教育交流協定を締結してから25周年を迎えます。

これを記念して、モンゴル国の文化やこれまでの交流経緯を紹介するイベントです。

会場は、板橋区役所の1階ギャラリーモール・屋上庭園前スペース(区役所7階)です。

モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」の見どころ

「サインバイノー」とは、モンゴルの言葉で「こんにちわ」の意味。

もともと、板橋区とモンゴル国との交流のきっかけは、このように紹介されています。

1992年、モンゴル国で紙不足が深刻であるという新聞報道をうけ、区内印刷工場の余紙で作った再生ノートや鉛筆などを贈ったことで始まったモンゴル国との交流は、その後文化交流、人的交流へと発展し、1996年10月、モンゴル国文部省(現教育文化科省、文化省)と板橋区は「文化・教育交流協定」を締結した。

交流経緯

板橋区内にある印刷工場が交流のきっかけ、というのが面白いですね!

さて、記念イベントの具体的な内容ですが、2021年10月18日(月)~29日(金)の開庁日、午前9時から午後5時にかけて、以下のような催しが行われます。

  • 遊牧民の移動式住居「ゲル」の展示
  • モンゴル語が流れるアルコール手指消毒コーナー
  • 馬頭琴音楽鑑賞コーナー
  • モンゴル相撲映像コーナー
  • モンゴル絵本展示
  • モンゴル学生からのお手紙展示
  • 民族衣装やモンゴル相撲衣装の展示
  • ギャラリーモールパネル展示(駐日モンゴル国大使からのメッセージ、大相撲元横綱モンゴル人力士の日馬富士からのメッセージ、モンゴル国の文化・これまでの交流経緯を紹介するパネル)

モンゴル料理フェアも開催!

また、期間中の特別イベントとして「レストラン モンゴル料理フェア」が開催されます。

板橋区役所1階レストラン「カフェダイニングNAKAJUKU」にて、日替わりでモンゴルメニューが登場します!

ラム肉・マトンを使った料理や、伝統的なモンゴル料理をアレンジしたモンゴル風メニューを楽しむことができます。

開催期間:2021年10月18日(月)~10月29日(金)の開庁日 午前11時から販売開始、売り切れ次第終了。

10月18日(月)・10月25日(月)
モンゴル風木順肉(ムースーロー)。中華料理の豚肉・卵・きくらげ炒めをラム肉でアレンジした料理です。
10月19日(火)・10月26日(火)
モンゴル風ボーズ入りポトフ。ボーズはひき肉を包んだ小籠包のようなモンゴル伝統料理です。
10月20日(水)・10月27日(水)
モンゴル風牛肉と羊の生姜ソルトペッパー炒め。牛肉とラム肉が両方楽しめる塩コショウ炒めです。
10月21日(木)・10月28日(木)
モンゴル風肉豆腐。ラム肉入りでモンゴル風にアレンジした肉豆腐です。
10月22日(金)・10月29日(金)
モンゴル風焼きそば。ラム肉入りでモンゴル風にアレンジした焼きそばです。

月曜日から木曜日のメニューには、ご飯・スープ・ミルクティーがつきます。
金曜日の焼きそばには、スープ・ミルクティーがつきます。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

板橋区役所の詳細地図

板橋区・モンゴル国交流25周年記念イベント「サインバイノー!モンゴル!」の概要

開催日時
2021年10月18日(月)~29日(金)の平日09:00〜17:00
会場
板橋区役所1階ギャラリーモール・屋上庭園前スペース(区役所7階)
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
アクセス
* 都営地下鉄三田線「板橋区役所前駅」下車、A3出口より徒歩約1分。
* 東武東上線「大山駅」下車、徒歩約10分。
* JR埼京線「板橋駅」下車、西口より徒歩15分。
* アクセス詳細 板橋区役所交通案内
入場
無料
主催
板橋区役所
公式サイト
2021年モンゴル国交流25周年記念 特設ページ