【延期】2020年2月29日(土)東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバル / 東京駅正面「トラベルハブミックス」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※2020年2月29日(土)に開催が予定されていた「東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバル」は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響から、延期となりました。開催日時については、現在調整中、とのことです。

参照 【緊急のお知らせ】開催延期いたします。

東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバルの概要

東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバルのフライヤー
開催日時
2020年2月29日(土)開場15:40、16:00〜18:30
会場
トラベルハブミックス
住所 〒100-8228 千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング JOB HUB SQUARE 1階
アクセス
* JR東京駅日本橋口前正面
* 東京メトロ 大手町駅 B8a出口
* 東京メトロ 日本橋駅 A1出口
* 東京メトロ 三越前駅 B2出口
入場
参加費:会員は3,500円、会員同伴(1名)4,500円。一般5,500円
※一般の方も参加できますが、会員優先。
※定員 70名
第3回ユネスコ無形文化遺産 東欧4か国春の訪れを祝う祭り。(ブルガリア共和 国・北マケドニア共和国・モルドバ共和国・ルーマニア) のお誘い
Facebook
第3回 東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバル

トラベルハブミックスの詳細地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

東欧4か国春の訪れを祝う国際交流フェスティバルのハイライト

  • ブルガリア共和国、北マケドニア共和国、モルドバ共和国、ルーマニアの東欧4か国の春の訪れをお祝いするフェスティバルです。今回で第3回目を迎えます。
  • 東欧では、毎年3月1日に春の訪れをお祝いする行事があります。この祭りは、各言語で「マルツィショール」(ルーマニア語・モルドバもルーマニア語圏)、「マルテニツァ」(ブルガリア語)、「マルティンキ」(マケドニア語)と呼ばれ、2017年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。
  • 国境をまたぎ伝承された文化としてとても興味深い行事で、共通項は、白(冬の象徴)と赤(春の象徴)の2色の糸(毛糸)で、それをつかってアクセサリーや小物を作り、身に付けたり、動物や街中に飾り付けたりしてお祝いします。それぞれの国でその小物やアクセサリーが少しずつ違うのも面白いです。家族や友達が愛や友好を確かめ合う季節でもあります。
    この東欧4か国の春の祭りを東京でもお祝いします!
  • イベント当日は、「マルツィショール」「マルテニツァ」「マルティンキ」の紹介やミニワークショップを実施。
  • また、東欧4か国の大使館がそれぞれ用意するスペシャルティーや郷土菓子をいただくことができます。
  • 昨年好評だった特産品やワインの抽選会や東欧のワインの試飲タイムも有り!
  • 4か国の大使館から大使や外交官も列席する中、一緒に東欧の春の訪れをお祝いすることができます。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

IAC-International Artists Center Tokyo 国際芸術家センターの最新情報

スポンサーリンク
東京都内
国際イベント・フェスをフォローする
国際イベント・フェスティバル