2017年12月1日(金)~12月7日(木)SWEDEN WEEK in Tokyo / コートヤードHIROO

SWEDEN WEEK in Tokyoの概要

開催日時
2017年12月1日(金)オープニングイベント:17:00〜21:00
12月2日(土)〜3日(日)11:00〜20:00
12月4日(月)〜7日(木)11:00〜17:00
会場
コートヤードHIROO
(〒106-0031 東京都港区西麻布4-21-2)
アクセス
* 東京メトロ日比谷線「広尾駅」4番出口より徒歩約8分。。
アクセス詳細 アクセス – コートヤードHIROO
入場
無料
主催
有限会社Scanjap Incorporated
後援
スウェーデン大使館
お問い合わせ
有限会社Scanjap Incorporated Tel:03-6272-9451
Facebook
Sweden Week in Tokyo

コートヤードHIROOの詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

130に及ぶ商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などが集約された複合施設である東京ミッドタウンの各施設の位置関係はフロアガイドを参照。

SWEDEN WEEK in Tokyoの見どころ

SWEDEN WEEK in Tokyoのフライヤー1 SWEDEN WEEK in Tokyoのフライヤー2 SWEDEN WEEK in Tokyoのフライヤー3 SWEDEN WEEK in Tkyoのフライヤー4
  • スウェーデンの魅力とライフスタイルを体感するイベントです。 日本でも、一つのライフスタイルジャンルとして認知されつつある定北欧ライフスタイル。中でもデザイン・エコ・福祉で良く知られる国、スウェーデンのデザイン・プロダクツ、暮らし・文化に触れることができます
  • 【オープニングイベント】
    • 12月1日(金)のオープニングイベントでは、フードコートも登場。スパイスのきいたスウェーデンのホットワイン「Glögg」、スウェーデン国旗カラーのお茶で作ったカクテルなどを楽しむことができます。
      また、スウェーデン発のクラフトビール「Omnipollo」もイベントに参加! 「Omnipollo」は2011年に設立したばかりですが、Rate Beer Top 100 Brewery in The Worldにも選出。「Mikkeller」「ToØL」と肩を並べるほど独創的なビール造りは北欧を飛び出し、世界のクラフトビールシーンでムーブメントを巻き起こしています!
    • オープニングイベントの目玉の1つとして、 スウェーデン無声映画「EROTIKON」を活動弁士・片岡一郎氏のパフォーマンスと生演奏で楽しむ夕べが催されます。スウェーデンの映画評論家ヨハン・ノルドストロム氏による講演も有り。
      日時:12月1日(金)18:00~20:30(講演約30分、映画約108分)
      チケット:ワンドリンク付き:2,000円
      チケット購入などの詳細は、スウェーデン無声映画「EROTIKON」を 活動弁士 片岡一郎氏のパフォーマンスと生演奏で楽しむ夕べ。 映画評論家ヨハン・ノルドストロム氏による講演にて。 |
    • 【スウェーデン映画「フレンチアルプスで起きたこと」上映】
      北欧スウェーデンが誇る俊英・リューベン・オストルンド監督の映画作品『フレンチアルプスで起きたこと』が上映されます。リューベン・オストルンド監督は、2017年カンヌ国際映画祭にて最新作「The Square」が最高賞のパルムドールを受賞するなど、今もっとも注目されているスウェーデンの気鋭の監督です。「フレンチアルプスで起きたこと」は、リューベン・オストルンド監督の出世作で、2014年のカンヌ国際映画祭で絶賛されています。
      映画上映前には、スウェーデンの映画評論家ヨハン・ノルドストロム氏による講演もあります。
      日時:12月2日(土)18:00~20:30(講演約30分 映画約108分)
      チケット:ワンドリンク付き:1,500円
      チケット購入などの詳細は、スウェーデン映画「フレンチアルプスで起きたこと」X 映画評論家ヨハン・ノルドストロム氏による講演 にて。
    • 期間中は、スウェーデン人写真家Johan Bävman氏の写真展やスウェーデンのブランドを取り扱ったPOP UPショップなど北欧のライフスタイルを紹介するプログラムが揃います!
    • その他、フエルトのクリスマスオーナメント作りのワークショップ(有料)なども有り!

    クリスマスワインフェスティバルの口コミ情報