2017年10月8日(日)・9日(月・祝)猿楽祭2017 代官山フェスティバル / 代官山ヒルサイドテラス

猿楽祭2017 代官山フェスティバルの概要

開催日時
2017年10月8日(日)・9日(月・祝)10:00~18:00
会場
代官山ヒルサイドテラス全棟
(〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町)
アクセス
* 東急東横線「代官山駅」より徒歩約3分。
* 東急東横線「中目黒駅」より徒歩約7分。
* JR山手線・埼京線・地下鉄日比谷線「恵比寿駅」より徒歩約10分。
* アクセス詳細 アクセス情報 – 代官山ヒルサイドテラス公式サイト
入場
無料(一部有料イベントあり)
主催
猿楽祭実行委員会
お問い合せ先
ヒルサイドインフォメーション Tel:03-5489-3705
公式サイト
猿楽祭

代官山ヒルサイドテラスの詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
猿楽祭2017 代官山フェスティバルのフライヤー

猿楽祭2017 代官山フェスティバルのハイライト

  • 代官山の秋の風物詩「猿楽祭-さるがくまつり」は、ヒルサイドテラス全域を舞台に、マーケット、アート、大道芸やワークショップ、イベントなど多様なアクティビティが繰り広げられます。
  • 第13回目を迎える今年は「つながる 代官山」をテーマに開催。ヒルサイドテラスや近隣の住人、ショップ、オフィス、クリエーター、大使館など多彩な住人たちにより育まれてきた代官山の秋のお祭りです。
  • 【猿楽の市】
    世界各国の食、日本各地の新鮮な農産物や物産、インポートワイン、高機能食品や美容食品、オリジナルアレンジの植物、選りすぐりの雑貨など、バラエティー豊かな市です。昔懐かしい昭和の遊びも楽しめます!
    会場:ヒルサイドテラスA・Bエリア、ヒルサイドプラザ駐車場エリア、ヒルサイドテラスC・D・E棟&猿楽塚エリア
  • 【イベント】
    • 今年も代官山にお化け屋敷「化け楽」が登場!
      会場:ヒルサイドフォーラム (F棟)
      日時:10月8日(日)・9日(祝)10:00~18:00
      参加費:無料
    • 猿楽祭シンポジウム つながる 代官山―アートプロジェクトがつなぐ都市の記憶と風景:アートプロジェクトを通して代官山の来し方、行く末、都市とアートの関係について、アートディレクターの池田修氏、美術史家の加治屋健司氏、そして代官山に数々のアートプロジェクトを仕掛けてきた北川フラム氏が語り合います。
      会場:ヒルサイドプラザ
      日時:10月8日(日)14:00 開演
      料金:1,000円
    • 川俣正「工事中」再開+代官山アート建築ツアー:1984年にヒルサイドテラスA棟で行った伝説的なインスタレーション「工事中」で知られる世界的アーティスト川俣正氏が、今夏から猿楽祭にかけて「工事中」再開として大規模なインスタレーションを実施!
      日時:10月8日(日) ①11:00- ②16:00- / 9日(祝) ①11:00- ②15:00- (15:00-の回のみ満員のため予約終了)   ※各回 所有時間60分程度
    • 中世の音楽隊 ヒルサイドテラス横断ツアー:バグパイプなどの楽器を奏でる「中世の音楽隊」が、お祭りで賑やかなヒルサイドテラスの路地をぬって練り歩き、人の集まる広場では即席音楽会を開きます。
      会場:ヒルサイドテラス全域 日時:10月8日(日)、10月9日(祝)11:00-16:00の間に時々。
    • フォトスタンプラリー:スタンプを集めて景品の抽選に参加! ※スタンプ台紙を「旧朝倉家住宅」にお持ちになると無料で観覧できます。(通常100円)
      会場:出発点・到着点:ヒルサイドインフォメーション(F棟)
      参加費:無料
      日時:10月8日(日)、9日(祝)11:00-17:00 ※スタンプの台紙の配布は枚数がなくなり次第終了。
  • 【ワークショップ】(有料)
    誰でも楽しめるネクタイ地のアイテムやテキスタイルの端切れを使ったワークショップ、マナー講座など、今年も楽しいワークショップが目白押しです!
  • 【食べる】
    広場で、お店で、ビュッフェ会場で、猿楽祭期間中だけの特別限定メニューが登場。毎年大好評のレストラン・パッションのランチビュッフェも開催します!

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

猿楽祭2017 代官山フェスティバルの会場マップ

過去の「猿楽祭 代官山フェスティバル」の様子(動画ファイル)

猿楽祭 代官山フェスティバルの口コミ情報

シェアする

フォローする