2015年2月8日(日)サラスワティ・プジャ祭り2015 / 江東区・ティアラこうとう(江東公会堂)

サラスワティ・プジャ祭り2015(Saraswati Puja 2015 in Tokyo)の概要

開催日時
2015年2月8日(日)11:00~19:00
会場
ティアラこうとう(江東公会堂)
(〒135-0002 東京都江東区住吉2-28-36)
アクセス
* 都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」A4出口より徒歩約5分
* アクセス詳細
入場料
一人:2,000円(昼食付き)
主催
India(Bengal)Cultural Association Japan(IBCAJ)
後援
インド大使館、公益財団法人 日印協会
サイト
サラスワティ・プジャ2015 – 日印協会
India(Bengal)Cultural Association Japan(IBCAJ)
Facebook India Bengal Cultural Association Japan

ティアラこうとう(江東公会堂)の詳細地図

サラスワティ・プジャ祭りのハイライト

  • 日本では弁才天もしくは弁財天として知られている女神サラスワティ。2月8日(日)
  • 芸術、学問などの知を司るヒンドゥー教の女神・サラスワティへお祈りをする祭事です。子供や大人によるインドの歌や踊りを楽しむことができます。
  • 【プログラム・スケジュール】
    11:00~ プジャ開始
    12:00~12:30 一般参詣
    12:30~13:00 スピーチ
    13:00~15:00 プロサド(昼ご飯)
    15:00~19:00 インドの音楽、歌、踊り
    19:00~19:30 プジャ終了イベント
  • ※サラスワティとは?
    サラスワティは、日本では七福神の一柱、弁才天(弁財天)のことです。仏教伝来時に『金光明経』を通じて中国から伝えられ、上野不忍池の弁才天、井ノ頭公園の弁才天、鎌倉の銭洗い弁財天などとして広く親しまれています。
    4本の腕を持ち、2本の腕には、数珠とヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、白鳥またはクジャクの上、あるいは蓮華の上に座る姿として描かれます。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

サラスワティ・プジャ祭り2015のポスター 1 サラスワティ・プジャ祭り2015のポスター 2

サラスワティ・プジャ祭りの口コミ情報

シェアする

フォローする