2017年10月7日(土)・8日(日)国際フェスティバル世界市2017 / さいたま新都心けやきひろば

国際フェスティバル世界市2017の概要

開催日時
2017年10月7日(土)11:00~18:00
2017年10月8日(日)11:00~17:00
会場
さいたま新都心けやきひろば(さいたまスーパーアリーナ前)
(〒330-9111 埼玉県さいたま市中央区新都心10番)
アクセス
* JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線「さいたま新都心駅」改札口を出て左手すぐ。
・JR埼京線「北与野駅」下車、徒歩7分
入場
無料
主催
世界市プロジェクト
公式サイト
国際フェスティバル2017
Facebook
世界市プロジェク
Twitter
@seka_chann 学生団体世界市プロジェクト

さいたま新都心けやきひろばの詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
国際フェスティバル世界市2017のフライヤー

国際フェスティバル世界市2017のハイライト

  • 世界の料理と雑貨に触れて、世界の魅力を体感していただくフェスティバル。都内近郊の大学生で構成される「世界市プロジェクト」が主催し、毎年2万人を超える来場者がある一大イベントです。
  • 今年は世界市創設8年目、第10回目を迎えます。テーマは「新しい発見」。様々な国の雑貨屋さんや飲食ブースが出店する他、イベントステージでは、「世界」の広さを感じられる民族音楽、民族舞踊など多彩なプログラムが展開!
  • 【フード / 飲食】
    40~50人前の大鍋で作る本場スペインの味が楽しめる「イスパニア」、 トルコ名物のケバブを提供する「ナザルケバブ」、 本場インドのコックが作る本格インド料理「SANAN」、 イラン人オーナーシェフが作るこだわりのペルシャ料理「Jame Jam」、 韓国の伝統的な庶民のおやつ「ジョンノホットク屋」など、世界各国のフードを堪能できる飲食ブースが多数、出店!
  • 【雑貨】
    バングラデシュで作られたバッグやポーチなどを販売する慶應大学の学生団体「To2Bag」、 カラフルなエスニック衣料、雑貨などを販売する「アジアン雑貨Chai」、 中国・韓国・ネパール・フィリピンの4カ国で活動する国際協力団体「FIWC関東委員会」のお菓子の袋でできたリサイクルグッズ「エコミスモ」など、ヴァラエティ豊かな雑貨が勢揃いします。
    ヘナタトゥー、砂漠に育つ無添加ヘナを使用したインドのボディーペイント「Mehndi」なども有り。
  • 【ステージイベント】
    2000年頃にスイスで生まれ、独特な倍音の響きを持った音色が特徴のハンドパン奏者の峯モトタカオさん、 ドイツ生まれの楽器・ライアーの奏者である小倉さちこさん、 ハンカチを使う南米の3大ダンスの一つでペルーで国民的に愛されているダンスを披露する「日本マリネラ協会」、 ロシアで発明された世界最古のテルミンという電子楽器を搭載し、見た目はマトリョーシカのような楽器を使って演奏する「ボル」、 フィリピン民族舞踊団インラヨグ・フィリンピスなど、様々なステージイベントが2日間にわたって繰り広げられます。

※イベントの開催情報は変更になる場合があります。必ず公式サイトなどでご確認ください。

国際フェスティバル世界市2017のフライヤー

過去の「国際フェスティバル世界市」の様子(Youtube動画ファイル)

国際フェスティバル世界市の口コミ情報

シェアする

フォローする